出産時の見直しポイント

子供が生まれて保険見直しをする際、まず必ず考えたいのが死亡保障です。特に、一家の大黒柱である男性が亡くなる場合、残された子供が無事に独り立ちするまでの教育費や生活費を保険で賄う必要がありますから、しっかりと検討するべきです。

また、子供が何人かによっても金額は変わっていきます。死亡保障をプラスするのにはいくつかの方法があり、子供一人につき定期保険を一つ追加していけば無理なく保障額を増やすこともできます。同じく医療保険も、自分が働けない状態になった時に生活費を保険で賄うことを考えて金額を設定すべきです。家族にガン経験者がいればがん保険も合わせて検討する必要があります。

このような保険の内容については、月々必要とする生活費や教育費によって変わってきます。もしも持ち家に住んでいてローンの支払い中であれば団体信用生命保険に加入しており、ローン返済中に亡くなればその残債は支払いを免除されるようになっています。その為、住宅費用は生活費から外すことができるようになります。また、教育についても公立か私立によっても費用が変わります。保険に加入する前に、出産後のライフプランを考えてそれに見合った保険に加入することが必要なのです。

出産時の見直しポイント