出産時の見直しポイント

子供が生まれて保険見直しをする際、まず必ず考えたいのが死亡保障です。特に、一家の大黒柱である男性が亡くなる場合、残された子供が無事に独り立ちするまでの教育費や生活費を保険で賄う必要がありますから、しっかりと検討するべきです。

また、子供が何人かによっても金額は変わっていきます。死亡保障をプラスするのにはいくつかの方法があり、子供一人につき定期保険を一つ追加していけば無理なく保障額を増やすこともできます。同じく医療保険も、自分が働けない状態になった時に生活費を保険で賄うことを考えて金額を設定すべきです。家族にガン経験者がいればがん保険も合わせて検討する必要があります。

このような保険の内容については、月々必要とする生活費や教育費によって変わってきます。もしも持ち家に住んでいてローンの支払い中であれば団体信用生命保険に加入しており、ローン返済中に亡くなればその残債は支払いを免除されるようになっています。その為、住宅費用は生活費から外すことができるようになります。また、教育についても公立か私立によっても費用が変わります。保険に加入する前に、出産後のライフプランを考えてそれに見合った保険に加入することが必要なのです。

出産時の見直しポイント

出産と保険見直し

妊娠がわかったら、出産に向けて様々な準備が始まります。女性が仕事をしていれば、今後の産休や育休に向けての調整が始まります。自分が休んでいる期間、自分の行なっている仕事を誰に任せるのか、そしてその内容をどうやって引き継ぐのか決めて少しずつ引き継ぐ必要があります。また、休暇を取るとなればその手続きも必要です。

それと並行して自宅でも子供を迎える準備をしていきます。赤ちゃん用の家具や洋服、雑貨を買い揃えていきます。中には自分の故郷から離れた場所に住んでいる人もおり、実家の近くの産婦人科での出産を検討する場合には、里帰り出産のための手配も必要です。このようないろいろなことをこなす中でも保険のことは考えるべきことです。

なぜ、子供が生まれてくるタイミングで保険の見直しをする必要があるのでしょうか。保険は、何かあった時の為に加入するものです。そこで、想定できるリスクについては可能な限りの備えをできるよう、保険の補償内容も変えていく必要があるのです。夫婦二人の場合には、怪我や入院、死亡という場面でも一人の生活をどうにかすることはできます。しかし、子供が生まれれば子育てと仕事を両立する必要が出てくるのでそうもいかないことが多いのです。

出産と保険見直し

保険見直しを検討する

保険というのは大きな買い物です。家や車と並んで大きな買い物といわれるものでありながら、一括で支払うものではないためにあまりそのような意識がない人も多いものです。しかし、生涯での支払額を見れば、場合によっては家や車よりも大きな金額となることもあるものですし、気に入らないからとすぐに辞めてしまうのは避けるべき、長期にわたって同じもの、同じ会社のものに加入できるよう慎重に吟味すべきものです。

しかし、ずっと同じ保険に入り続けることも危険なものです。私たちは結婚したり子供が生まれたりすれば環境が変わりますし、必要となるお金も変わってきます。ひとりぐらしのときは自分が困らなければ良い金額が受け取れればよかったものの、男性の場合には家族を養うようになれば自分が病気で入院したり死亡してしまったりしたときに家族の生活を保障できるだけの保険金を受け取る必要が出てきます。そこで、定期的に保険の見直しをすることは重要なのです。

保険の見直しというと、家族を養う男性が加入する内容を見直す必要性ばかり挙げられますが、女性も見直すことが必要です。最近では結婚してからも働く女性が多く、家計の一助を担っています。そのため女性も怪我や入院で働けなくなればその期間の生活のために保険に加入すべきですし保証設ける必要があります。そこで、ここでは男女ともに保険見直しが必要となってくる出産のタイミングでの保険見直しについて紹介をしていきます。

保険見直しを検討する